« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/30

今朝見たアニメ(7/24)

いや、もう、あと10分で日曜日ですね。今朝と言っても先週のお話。宮城県、25時間テレビのせいで「ムシキング」お休みでした。あの25時間って番組、なんで続いてるんだろうと思ってたら、2ちゃんねるのスレによると毎年日曜朝のアニメ、特撮の視聴率を下げるくらいの影響力はあるらしい。
というわけで、「ゾイド ジェネシス」(1か月遅れ)→「ゾロリ」と視聴。
今回のゾロリはイケメンキャラのロジャー再登場。ゾロリ先生、コトの解決をロジャーに持ってかれたあげく、薬が必要となる事態に陥り、ロジャーにわざわざ「お願いします」と言わされ、屈辱に涙目モードになっていた。んー。聞くところによるとエウレカセブンの13話で、情報局所属の軍人であるドミニクがレントンに「西ってフォーク持つ方?」ってなことを問いかけるという、軍人がそれでいーのかっていうより、この世界の義務教育って大丈夫なのかと思わせる(ゆとり教育の成果か?)発言をして、つい最近小学5年生用の問題集で勉強していた(8話)14歳のレントンに「この人本物だ」と言わしめたそうで、この背景には一説には腐女子対策があるとか言われていたが、ひょっとしてエウレカセブンは腐女子対策においてもゾロリの前に手も足も出ないのではあるまいか、などと思ったとさ。あー、そーいや、ロジャーさんも情報局のエージェントって言ってたかな。
というわけで、以下1か月遅れの「ゾイド ジェネシス」の感想。なんか遅れゼロの地域では今週のゾイド、面白いキャラたちが出てきたそーで。……4週後にお会いしましょう。

続きを読む "今朝見たアニメ(7/24)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

今朝見たアニメ(7/17)

タイトルの今朝見たとかいうのは大嘘。すいません。
宮城県のムシキング、来週はお休み。来週ってか、もう明日だ。フジの24時間テレビだか25時間テレビだかいう番組のせいで1週遅れです。なんで続いてるんだろう、アレ。いや、根本的原因は宮城にテレ東系がないってことなんですが。
ちなみに、先週分で「エウレカセブンを見てて、周囲の誰かへのちょっとした気配りを描くことって大切なんだなと思った」と書いたのは、エウレカセブンが気配りを描けているアニメだと言ってるわけではない。と念のため書いておいてみたり。エウレカセブンは正反対。基本的に月光号は皆が皆、自分のことにしか興味がなく、あとは意中の相手に気に入られたいということで頭が一杯。サカリのついてない連中がたまに暇をもてあましてレントンという玩具を思い出す、という感じ。
以下、「ゾイド ジェネシス」と「ムシキング」の感想。

続きを読む "今朝見たアニメ(7/17)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

「機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者」を見てきた話

「星を継ぐ者」はシャアの潜入シーンで始まり、運命の恋人同士であるシャアとアムロが再会したところで「恋人たち」に続くのであった。いや違うけど。

ただいま血中ガンダム濃度がい~い感じになっていて、ほろ酔い状態。映画見たのは先週の日曜日のことなんですが。パンフレット見たり、こちらのサイトの名セリフを読みにいったり、OP&EDを繰り返し聞いたりして、先週、今週とガンダム成分を継続的に摂取。ガンダム成分とは、ガンダムと軍人と宇宙空間と地球の重力とニュータイプとシャア・アズナブル、というあたりか。それと独特のセリフ群。独り言が多く、微妙に日本語がヘンで、心を捉え、後を引く。曲も歌詞もガンダムなOP&EDがぐるぐるまわる。ほろ酔いは続く。バーカバーカ>自分。
何のインタビューだか忘れたが、宇宙から地球を見たとき国境は引かれていないのだというようなことを富野氏が言ったのがアニメ誌に載ってて、それを読んだときふと精神的にラクになったことがあった気がする。今思うと左翼的なんだけどさ(笑)。ああ、なつかしい。21世紀になり、物語世界は宇宙空間から遠ざかっていってる。ような気がする。人類が月に到達したころに生まれたクリエイターたちが第一線に立っているであろう今、空想力は地球に引きこもるのか。
思えば私にとっての「ファースト」はゼータなのだった。Ζのテレビシリーズが初めてのガンダム。未だに本来のファーストは断片的にしか見ていない。

映画見てて、へー、クワトロってこんなこと言ってたんだなあ、と思ってたら、いろいろ差し替えられたセリフがあるみたいで。もう20年たってるんだもんなあ。リアルタイムでしか見てないのと、記憶力がなっとらんので、どれがTVシリーズそのままで、どれが映画のセリフなのかさっぱり。映像も古いカットと新しいカットが入り交じってるそうで。そうで、というのは、言われるまでよくわからんかったから。OPが終わって、クワトロの潜入シーンが来た時に、わー、昔の絵って線が太いなあ、と思ったくらいで、落差に気づいたのはそれっきり。あとは別に。昔の映像と今の映像の切り替わりがたぶんあったんだろうけどさっぱり気づかなかった。映像認識能力が極端に低いんだな、私の脳。こんな奴はたぶんレアでしょう。
Ζのリアルタイムではシャアのファンだった知り合いがクワトロ・バジーナの有様を嘆いていたわけですが、シャアを知らん私は、たまにびみょーに腑抜けたことを言うものの結構カッコいいのに、とか思ってた。再放送でファーストのシャアの自由落下のシーン見て愕然。ぎゃーっと悲鳴をあげるくらいカッコいい。シャア少佐はクワトロ大尉の比ではなかった。なるほど、これでは旧シリーズのファンは嘆くわと実感。
リアルタイム時には気づかなかったけど、クワトロって意外と周囲を見ているというか、意識的に人を導くというか。打算なしに。カミーユに地球体験をする必要があると言うあたりとか。もっと余裕がない人かと思ってた。考えてみたら、部下に慕われるひとだもんなあ、当然か。なのに、なんで女性関係は後々の禍根となるような別れ方してんでしょうねえ。女性から父親的なものを求められて拒絶する、を繰り返してるか? カミーユや部下には自然と父親的なものを与えているんじゃないかと思うんだけど。んー。あと、リアルタイムで見てた時はレコアの何がいいんだろうと思ってた。今見るとカミーユへの接し方が割と母性的に見えて、多少納得いったような。マザコンでロリコンだったっけ、シャア。(身も蓋もない評価)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

今朝見たアニメ(7/10)

潮時かな。これ以上見続けると、もともと荒み気味である私の魂が荒み切りそうだ。エウレカセブンを見るのはもうやめよう。一体何がこうまで見る者に不快感を与えるのか。でも、エウレカセブンを見てて、周囲の誰かへのちょっとした気配りを描くことって大切なんだなと思った。エウレカセブン見てた反動で、他のアニメで誰かが誰かを思いやるシーンを見ると、心に響く。あと、まともなアニメって当たり前かと思ったんだけど実はすごいんだな、とか。あー、吼えろペンでなんかこういう話があったなー。プロの映画のありがたみがわかったとかいうの。
今朝は「ゾイド ジェネシス」(1か月遅れ)→「エウレカセブン」→「ゾロリ」→「ガッシュ」→「ムシキング」とハシゴ。ダメ大人のハシゴ。
「ゾロリ」はイケメンキャラのロジャーが今回初登場だったらしい。「1.5V」と書かれた魔法のほうきの上に立っている姿(普通の魔法のほうきの乗り方ではない)がカッコよかったです。何故かロジャーは公式サイトには紹介されてない。あるのはここ↓とか。これってまだ出てきてないキャラまで紹介されてるのかな??
http://www.kotsu.city.osaka.jp/news/kotsu_b/17/stamp_rally/stamp_battle.html
以下、ゾイドとムシキングの感想。

続きを読む "今朝見たアニメ(7/10)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

今朝見たアニメ(7/3)

今朝っていうか、もう昨日の朝ですよ。いや、日付変わったから一昨日の朝か。Ζガンダムの映画見に行ったら感想書く余裕がなくなってしまったという。モビルスーツと無重力をたんのーしたですよ、ゼータ。ゼータ見たあとで考えると、エウレカセブンの無重力万歳シーンって無重力にしては妙な感じだったような。気のせい?
ゴルフ週間が終わり、宮城の「ゾイド ジェネシス」再開。1か月遅れ。
以下、「ゾイド ジェネシス」「エウレカセブン」「ムシキング」の感想。

続きを読む "今朝見たアニメ(7/3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

7月の購入予定

4 DEATH NOTE(7) 小畑健
4 ONE PIECE(38) 尾田栄一郎
4 HUNTER×HUNTER(22) 冨樫義博
上 メモリー(上)(仮) ロイス・マクマスター・ビジョルド     ←追加 ←削除
上 メモリー(下)(仮) ロイス・マクマスター・ビジョルド     ←追加 ←削除
11 G・ZOOへようこそ 佐々木淳子
13 紅匂ふ(2) 大和和紀
15 道士郎でござる(5) 西森博之
15 からくりサーカス(38) 藤田和日郎
15 金色のガッシュ(21) 雷句誠
15 マダムとミスター(2) 遠藤淑子
17 ヘビーチャレンジ 中貫えり
19 新吼えろペン(2) 島本和彦
中 百鬼夜行抄(13) 今市子
中 始末人シリーズ(3) 白花繚乱始末人 明智抄
22 鋼の錬金術師(11) 荒川弘
29 完全版 私を月まで連れてって(1) 竹宮恵子
29 完全版 私を月まで連れてって(2) 竹宮恵子
30 不死鳥のタマゴ(1) 紫堂恭子     ←追加

なんだ、この多さは……。
「G・ZOOへようこそ」は「超人ロック」のサイドストーリーという位置づけらしい。
http://www.colorful.co.jp/locke/sasaki.htm
「私を月まで連れてって」全巻持ってるけど、傷んでたので、「ブライトの憂鬱」が出たあたりで新装版出ないかと期待してました。待ってた「マダムとミスター」。1巻から4か月。よもや続きは出ないのではと心配してました。2巻で完結らしい。「私を月まで~」と「マダムと~」については白泉社オンラインの新刊情報参照。
http://www.hakusensha.co.jp/shopping/
22日に「GUNSMITH CATS」の新装版も出るが、とりあえず様子見。

そして、ついに悲鳴がこだまする「DEATH NOTE」が……。

*****
(05.07.02追記)
「メモリー(仮)」を追加。 ヴォルコシガン・シリーズの新刊予告には結構ひどい目にあってるので、1回も延期なしに今月手に入るとは、あまり思ってなかったりする。手に入ったら驚く。

*****
(05.07.11追記)
「メモリー(仮)」を削除。今日本屋で創元社の文庫に挟まってる7月の新刊案内を確認。7月刊どころか近刊予定からも消えていた(6月の新刊案内では近刊予定にあった)。とーぶん先のよーです。まあ、タイトルに「(仮)」ってついてるしなあ。

*****
(05.08.02追記)
いまさらながら、「不死鳥のタマゴ」を追加。予定っていうか購入しました。
あと、「ヘビーチャレンジ」は本屋で見ないなあと思ってたら延期だそーな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »