« 今朝見たアニメ(6/5) | トップページ | CONTINUE-SPのエウレカ対談は。 »

2005/06/13

今朝見たアニメ(6/12)

宮城県、「ゾイド ジェネシス」が来週から2週間休みです。これで4週遅れになります……。
あんまりだ、あんまりだ、あんまりだぁぁぁぁぁっ!!ひどいや、東日本放送。

エウレカセブンが久しぶりに進展があったため、以下、とても長い感想。

「ゾイド ジェネシス」、第8話『地下水路』。
今回のポイント。
・ヘルメットについたカメが可愛いルージくん
・仲間を失ったガラガのそばに、そっと食事を置いていくミィさま
・ザイリンが背景に薔薇しょってサービスシーン……って誰に向けてのサービスだ?(笑)
・ムラサメライガーを追い詰めるメガラプトル
あー、これがかの有名な三文字作画ってやつ?
領主が女性なのに顔の輪郭がみょーにごつごつしてたり、ラ・カンの目が死んでたり。遠景ぎみになると人物がちゃんと描かれてなかったりとか。2ちゃんねるのエウレカセブンのスレッドで、ゾイドに作画を分けてくれ、みたいに言われる理由がこれかー。なるほど。
でもザイリンは薔薇背負ってサービスすんのね(笑)。驚いたわ。てゆーか、あれホントにああやって水浴びする場所なんだろーか。
今回はメガラプトルの活躍に萌え。ロケットついてるんだねえ。

「交響詩篇エウレカセブン」。
よ~~~~~やく、進展を見せるストーリー。
しかし、1~2話見たあたりでも思ったけど、佐藤大の脚本って、セリフまわしが厳しいなあ。厳しいってのは私にとっては、てことなんですが。あと、脚本家の自己都合が前面に押し出されているというか、このキャラならこうしゃべるだろう、こう受け答えるだろうという作業をすっとばしてる感がある。そして、設定説明の挿入はもう少し自然にならないものだろーか。わざと?
シウダデス・デル・シエロ、聖地+スペイン語+天空の都市ということで、南米の滅びた文明がモデルとかを予想してたら、割とフツーの街という印象でしたねえ。改めて公式ページで画像を見ると、空の都というよりエリンギの都って感じですが。んで、南米のイメージはまったく入ってなさげ。チベットがあんなかんじなのだろうか。それともイラクのイメージが入ってるのだろうか?
以下、思ったこと、いろいろ。
「ドギー兄さん」って呼び方はお笑い芸人の真似?
ムーンドギーのしゃべり方、東北弁を知らない人間が東北弁を書くときのようなしゃべり方だなあ。言葉の全てに濁点。
あー、チベット? ヴォダラク=チベット仏教? それで何故聖地の名がスペイン語。そして、何故名前がティプトリー。中国への配慮?
大地に杭を打ったみたいな話を聞いて、あの国を思い出してしまうほど毒されてる自分。
で、空の都って、あのへん高地だってこと?
なんで廃墟になったかわからないけど、とか言っておきながら、さらっと「爆撃が新しい」って謎だ。そのセリフは、爆撃されて廃墟と化したと判っていたが、もっと昔に爆撃されたと思ってたという状態でないと、出てこないんではあるまいか。
そして、田舎から出てきた中学生が新しい爆撃とあっさり判断して驚かないほど、爆撃が当たり前の世界なのか。
石ぶつけられても仕方ないってゆーか、びっくりするほどヌルすぎ。
てゆーか、そもそも誰かエウレカ止めたらどうだ。何故わざわざ被害地域の神経逆撫でするような真似を……。代わりにムーンドギーあたりにでも行かせりゃいいのに。せめてニルヴァーシュはやめれ。あるいはせめて車の形状で行ったらどーなのか。
目の前で虐殺やらかした張本人がママですか。うーむ。
せんそーやってるからって連邦と何が戦争してるんだろう。連邦から独立しようとしている都市国家?
せんそーとヴォダラクの関連性が今一つわからん。
エウレカが石をぶつけられる→どんな理由があれ女の子にこんなことするなんて。エウレカが非戦闘員虐殺→せんそーだったからしょーがない。あー……。
定時爆撃+敵襲を知らせるサイレンが鳴るってことは、今現在せんそーちゅうってこと?
定時爆撃のある地域で前回爆撃されたのが「数年前」って辻褄あうのだろーか?
非戦闘員相手には爆撃するのに、給水塔などというライフライン施設(たぶん)が爆撃を免れてるってアリなんだろーか?
定時爆撃が行われる日時に何故狙い済ましたかのようにのこのこ出向くか、月光号。事前に調べないのか。
そんなとこでボード持って遊びに行く子供たちに警告ぐらいすりゃいいのに。
軍の爆撃を止めるんだ!と言いつつ、軍が作戦終了してから攻撃って何のことですか。
今の今まで正式メンバーじゃなかったんだ、レントン……。臓器密輸に加担したと聞いてますが。
で、なんで正式メンバーになれたの? 軍を攻撃するのに自分の手を汚して初めて仲間になれるとかだったら嫌だなあ。

「甲虫王者ムシキング~森の民の伝説~」、第11話「少女と魔女」。
なんか、新悪役のチョークも訳ありっぽいですねえ。母親は子供のためならなんだってするというポポのセリフに激しく反応。前回出てきたグルムも何故悪役やってんのか。
母親は子供のためなら、というあたりで、生き物みながみな子供最優先かというと、そーとも限らないみたいなことをどっかで読んだような気がするなーと思った。なんだってするってのも、このご時世ではあんまり肯定的には受け止められないというか、免罪符にしてはいかんよーな気がする。
そんで、パサーはまだ出てこないのだろうか。しばらくはチョークが活動? 次回は温泉の話だそうですが、傷を癒すために温泉で療養してるパサーとばったり、ということはないですか。ないですね、はい。

|

« 今朝見たアニメ(6/5) | トップページ | CONTINUE-SPのエウレカ対談は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72084/4532165

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝見たアニメ(6/12):

« 今朝見たアニメ(6/5) | トップページ | CONTINUE-SPのエウレカ対談は。 »