« やじきた学園道中記 (26) | トップページ | ココログのバージョンアップでRSSが~のその後 »

2005/04/23

薬師アルジャン (1)

現在プリンセスGOLDに連載中の「薬師アルジャン」第1巻登場。
山下友美作品にしては珍しく、主人公・アルジャンのキャラ設定が派手というか、耽美な感じではないでしょうか。プリムラ姫も芯が強くて好感がもてるキャラでいい感じ。
やはし見どころはアルジャンの後ろ向きさと姫の前向きさとの掛け合い。ただ、まだ子供の弟子というレギュラーキャラ投入で、今後はアルジャンと姫が正面切ってぶつかるのは少なくなりそう。というより連載見た感じ、姫がどんどん脇キャラ扱い気味になるという懸念が……。関係ないけど、アルジャン、プリムラを「姫」と呼ぶようになってちょっとがっかり。第1回とかの、お互いにお前呼ばわりってあたりがツボなんだけど。
この話、初回はともかく、その後はキャラ設定の派手さとは裏腹にストーリーが地味になってくるわけで。この巻と連載を1~2回見た感じ、作者の話作りの傾向としてはもっぱら村のじーちゃんばーちゃんたちに細々薬を作って日々を過ごすとか、そういう方向に向かいがちと見た。敵がいない、地味めなヒューマンストーリー展開。敵が出てくるにしてもモブキャラで、妙な噂をたてるとか、城の壁に落書きとか、「トゥシューズに画びょう」よりはキツめの嫌がらせとか、まあそういう……。その辺が山下友美作品の味でしょうからねえ。
キャラの過去設定が突出して派手だったりする場合、回が進むと過去話も消化され、どんどんテンションが落ちてゆくことが予想されるわけで(一般的な話として)、この先苦しくなっていくんではないだろーか。ちょっと心配。

気になるのが王が出てくる回。何故か若干の読みにくさを感じる。父王のキャラもどうもつかみどころないし。笑顔がなにやら不気味で、妙に警戒心を掻き立ててくれる。愛娘の前では屈託のない表情の方が、政治家の顔と落差があっていいと思うんだけど、何故こんな笑顔なんだろう。「スキップ・ビート!」の蓮がするところの嘘つき毒吐き紳士バージョン・スマイル、あれのジジイ版というか。

----------
[関連サイト]
山下友美・公式HP NUT TO YOU!
http://www3.plala.or.jp/nuttoyou/
ご本人のブログあり。

----------
追記
05.04.23 9:10、誤記修正。
プリシラ姫って誰だ・・・。失礼しました、プリムラ姫でした。修正しました。

|

« やじきた学園道中記 (26) | トップページ | ココログのバージョンアップでRSSが~のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72084/3815310

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師アルジャン (1):

« やじきた学園道中記 (26) | トップページ | ココログのバージョンアップでRSSが~のその後 »