« 新吼えろペン (1) | トップページ | ろまんが (2) »

2005/03/26

金色のガッシュ!! (20)

ついに登場した超必殺技「チャージル・サイフォドン」。その恐ろしさは味方を戦慄させる。ティオの大技がズギャァァァァァァと炸裂し、ファウードの謎がギャシャァァァァァと明らかになり、主人公たちがガタガタガタガタと震える、「金色のガッシュ!!」第20巻。表紙、せっかくのガッシュ&ティオの足が隠れるので、本の帯は外したもんかのう。

てゆーことで、この巻でいよいよファウードに正面切って立ち向かう主人公チーム。春休みを利用して(笑)。ガッシュは、こういうダンジョンRPG(?)のような展開より、通常バトルの方が面白いと思うんだけどな。週刊読者かつ少年読者にはウケる展開なのかな?
見どころとしては、なんといってもティオの大技ですよねぇ。ヒロインなのに(って、ヒロインじゃないのか?)この描かれよう。つーか、あの技、自分にとってもダメージでかくないですか。わざわざ大きな水晶に写して皆に公開しているのは……。それを越えてこそ、パワーが得られるということなのか。うーむ。

前の巻に引き続き、レインに思わずほろりん。カイルの回想の中での二人の楽しそうなこと……。そしてレインの戦線離脱。これ以上の戦いの回避はもちろんレインがカイルのことを一番に考えた結果ではありますが、レイン自身のことを考えても、やはりその方がいいだろうなあと思ったり。例えカイルを巻き込まないにしても、かつて暴れていた過去があり、またなまじ強いために、レインの場合は戦いで心を削っていくような気がする。王になりたいという欲求を持ってないわけだし。
で、思うのが、王を決めるこの戦い、レインにせよコルルにせよ、何故なりたくもない子供たちまでも駆り出しますかねえ? まあ、レインは自分の望みをよく判らないまま参加したふうなのでいいんですが、コルルははっきり参加したくなかったろうに。単なる数合わせなら怒る。候補者のために用意された咬ませ犬とかだったら怒る。希望者の書類が風に飛ばされたから、なんつったら責任者タコ殴り。行方不明になっても探してもらえないまま千年経過とか、下手すりゃ死亡とか、そんなヤバいレース、希望者以外を巻き込んだらアカンがな。親も兄弟も普通にいようというのに。……って、まさか、子供の意志は無関係に、親が参加させてるんじゃあるまいなー。現代日本におけるお受験に近い感覚とか、タレント事務所に履歴書を送る親のようなものとか。「ウチの子を王に!」っつって。それだとガッシュの怒りの持って行き場所がないが……。
そのほか、何故人間界で戦うのか、何故パートナーを必要とするのか、なんてあたりの「物語の本筋に関わる謎」が棚上げされたまま、すでに20巻分が経過してるわけで、その状態でおそらく本筋とは無関係であろうファウードなる謎が提示されるというあたり、ワタクシ的にはあまりテンションがあがらない。どうやらガッシュとゼオンとの因縁が明らかにされそうな気配はありますが、ファウードの謎とは無関係だろうしねえ。もっとも、何故人間界で、とかのあたりは、謎ではない可能性も高いと思ってはいるんですが。昔からそーゆーならわしだから、で済ませれば済ませられるんで。

ところで、アースとキースって、親戚筋か何か? 顔似てるよね。

----------
[関連サイト]
Webサンデー
http://websunday.net/
ここの魔物図鑑(Webサンデー→金色のガッシュ→魔物図鑑)、改めて見たらコミックスで見たことない名前がいっぱいあって、その多くはブラゴに瞬殺された千年魔物たちだった……。気の毒。

|

« 新吼えろペン (1) | トップページ | ろまんが (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72084/3446075

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュ!! (20):

« 新吼えろペン (1) | トップページ | ろまんが (2) »