« Japanistの入力予測 | トップページ | 3月のリマインダ »

2005/02/26

るくるく (4)

ちょっと読みづらいかなあ。下品なネタもしきい値越えなきゃ面白さになるけど、この巻に限っては品のなさが個人的ボーダーに抵触。まあ、この辺は個人差ですので。
この巻、サザエさんフィールド展開の感がある。
・るくが六文のために何かやろうとして失敗
・るくが人間界のものにハマる
・大家の娘がるくに嫌がらせしようとして失敗
・南足の「るくたん、ハァハァ」ネタ
・天使の天然ボケネタ
このあたりをぐるぐる回してサザエさん世界的作品になるのだろうか。昭和ネタ、科学ネタをトッピングして、あさりよしとお色を出しつつ。てゆーか、カールビンソン世界的作品か。
しかし、その割には、私の中で六文、るく、六文の父親の印象が定まらないんだよなあ。

「るくるく」を最初に読んで思い出したのが麻城ゆうの「満員怨霊 ―タロットカードは天使を招く―」(読み返したい。あるはずなんだ、この八畳一間の我が家のどこかに。この作品のリメイク……といいつつ、全く違う作品になったらしい「天使@fortune」は未読)。
主人公のところにやってくるのが「るくるく」が悪魔に対し、この作品では天使。人間界にやってきたきっかけが似ているのが思い出した理由で、天界が魂を受け入れられなくなったというのがことの発端。設定上、天国・地獄という概念はなかったかも。
天使たちは最初、問題解決のために人間界で地道~に活動していくけど、焼け石に水というか、やはり抜本的な解決には至らないわけで、最終話ではえらい大胆な手を打ってくる。
「るくるく」も最後にはそうなる予定なのか、それとも風変わりな日常生活のままフェイドアウトするのだろうか。

|

« Japanistの入力予測 | トップページ | 3月のリマインダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72084/3085462

この記事へのトラックバック一覧です: るくるく (4):

« Japanistの入力予測 | トップページ | 3月のリマインダ »