« 寒かった……。 | トップページ | 豪放ライラック (2) »

2005/01/01

解決 浪漫倶楽部

表題作全4話+描き下ろし番外、スマリシリーズ1話(「スプリング レイン」)、他2話(「シンデレラ ボーイ」「スリーピング ビューティー」)収録。

表題作は、大正時代の侯爵令嬢が洋行帰りの父親から「ノーブレス・オブリージ」の思想を聞かされ、「浪漫倶楽部」なる悩み事解決のための集まりを作り、人の役に立とうとするお話。
ハシラによると、いまいちパッとしなかったため、4回で終わったそうで。
パッとしなかったのは、大正舞台にして、着物とか漢字の使い方に時間がかかって、原稿の完成度が低かったという意味合いらしいですが、ストーリー的にもいまいちパッとしないと思う。解決というほど、すっきり解決しないというか。ここ何年かの遠藤淑子作品は読んでて、少々気が重い。初期と違って、どうしてもラストに何か陰鬱な影が射すのはやむを得ないのか。「主人公1人の力では結局何も変えることはできない」というのが遠藤淑子作品のテーマと化してるのだろうか?
それでも、主人公のご令嬢は第4話での男前っぷりがなかなかよかったりしたんですが。
「シンデレラ ボーイ」は突然王位継承権が転がり込んできた話、「スリーピング ビューティー」は占いをすると眠くなってしまう体質の女の子の話。

|

« 寒かった……。 | トップページ | 豪放ライラック (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72084/2433929

この記事へのトラックバック一覧です: 解決 浪漫倶楽部:

« 寒かった……。 | トップページ | 豪放ライラック (2) »